As you like it

ゆるりと。事務所担。

探すはずじゃなかった『キミのカケラ』拾い集めてEUPHORIA

 

 

終わってしまった…

 

長かったEUPHORIAツアー。

 

初日から最終日まで、メンバー、スタッフ、そしてファンの皆さんお疲れ様でした。

 

私は友達の優しさや運に恵まれて、

 

4/20 松戸・森のホール21

5/17 福岡サンパレス

5/25 愛知県芸術劇場

5/26 愛知県芸術劇場

6/1   パシフィコ横浜

6/2   大宮ソニックシティ

6/29 市川市文化会館

6/30 市川市文化会館

8/8   パシフィコ横浜

8/17 沖縄コンベンションセンター

 

全10/33公演でした。

 

ありがとうございました。

 

 

私の中で、自分の決めた制約の中でそれでもギリギリで回ったツアーでした。

 

 

 

 

そしてツアー半ばで離脱したユースケくん。

 

 

私はいつも、白と黄色のペンライトを振っています。

 

私はユースケくんを推しにすることはできないけど、彼がステージから客席を見た時に1本でも多く彼を支えるペンライトになりたいという気持ちで、ずっと2本の黄色いペンライトを振っています。

 

時にはタカシくんよりも長く見ていることもある程に。

 

 

私が踊る振りは、ほぼ全てユースケくんのパートです。

 

私がユースケくんが居ない公演に初めて入ったのは市川市文化会館初日。

 

 

refrain

 

『−1の明日はきっと キミのカケラ 探してるよ』

 

初めて知ったよ。

 

『−1』の人差し指を天に向けて差す振りを、ユースケくんしかしていなかったこと。

 

gr8est journeyも、私はそこに居ないユースケくんの振りできっと一際浮いていたと思うんだ。

 

それでも辞められなかった。

 

でも、怖かった。

 

どんどん記憶が薄れていく、

身体が怖気出す、

不安で動けなくなる。

 

『キミ』がいないから

 

 

ニコニコ笑いながら踊るユースケくん、しゃんと背筋を伸ばして前を見据えながら踊るユースケくん、ゆっくりと挑発するように唇を撫でるユースケくん、そっと胸に当てた手を微笑みながら差し出すユースケくん…

 

 

もっともっともっともっともっともっと、

たくさん大好きなユースケくんがいっぱいあって、

言葉になんてできないくらい大好きで、

そんな彼が居ないライブは1公演1公演が、

 

『キミのカケラ』を拾い集めて

 

苦しくなる。

 

切なくて、やるせなくて、やりきれなくて、

 

頭ではわかってるのに、身体が、心が追い付かない。

 

君がいない。

 

君が、居ないんだよ…

 

ねぇ、早く

 

キミの笑顔が、また見たいんだ