As you like it

ゆるりと。事務所担。

私は今日、7人の超特急から下車します

 

2018年1月16日

 

忘れもしない月曜日。

 

正午

12時ジャストに届いたメール。

 

仕事で休憩が遅かった私は、みんなより2時間以上遅れてそのお知らせを見た。

 

 

あの時の私は、きっと今よりは冷静だったと、友人とのLINEや当時のツイートを見返すと思う。

 

その冷静さが逆に狂気的であったと、今ならわかる。

 

 

冷静に冷静さを欠いていた。

 

 

 

 

あの日から私は、人生の半分より少し少ないくらいの涙を流した自信がある。

 

 

7人の頃の曲は聴かなくなった。

 

まったく。

 

 

ふとした瞬間に涙が止まらなくなることは未だに無くならない。

 

昨日も、泣いた。

 

 

 

そしてそれと同時に、あまりにも不適切な発言が多い彼に苛立ちが募るようになった。

 

年相応と言われればそうだが、あまりにも軽率で稚拙。

 

簡単に言えば、私こういうポエマー男大っ嫌いなんだわ(笑)

 

ツイートすんなら歌詞書いてろと思う、これは割とマジで。

 

Twitter向いてないよ、鍵付きのインスタでやって貰えない?

 

 

 

 

この1年間で私が学んだ狂いそうな心を守る術
  1. 7人の超特急は解散した
  2. 6人の超特急が再結成した
  3. 私は6人の超特急からの新規
  4. 7人の超特急はどこかのパラレルワールドで今も活動している
  5. 超特急は6人で東京ドームに立つ
  6. 超特急は6人でMステに出る
  7. 超特急は6人で紅白に出る

 

 

いざ並べるととてつもなく見苦しい…。

 

でもそれでも未だに私はSynchronismで泣き崩れ、fanfareで目を逸らし、そして後悔する。

 

 

 

 

未練は

 

大ありです。

 

 

なんで辞めたのって、今も思ってます。

 

でも、帰ってきて欲しいとは、1ミリも思いません。

 

 

 

さようなら。

 

 

私は今日、7人の超特急から下車します